BOSTON (ボストン)


‘BOSTON’はその名の通りボストン出身のバンドで、76年にデビュー・アルバムを発表。リーダーのトム・シュルツはマサ
チューセッツ工科大学にてエンジニアの博士号を取り、このバンドの核となるサウンドを作った。デビュー時には一躍その
プログレッシヴなハード・ロックとも言うべきサウンドに注目が集まったものだが、今となってみればアメリカン・ハード・プロ
グレの先駆者的な役割を果したバンドと言える。同時期にロイ・トーマス・ベイカーがプロデュースを手がけたジャーニーや
カーズなどやスティックス、REOスピードワゴン、カンサスらのバンドが70年代後半〜80年代初頭にヒット・メーカーとして
活躍したが、ボストンのサウンドは彼らにも少なからず影響や刺激を与えたんじゃないかと思う。
ここでは、そんな彼らが70年代に発表した2枚のアルバムにスポットをあてて紹介しよう。



BOSTON

(1976)
800万枚を売って全米3位となった驚異的な記録を持つデビュー作。ともかくそのスピーディで緻密な分厚い
ギター・サウンド、そしてメロディアスなコーラスを聴く者は誰もが酔いしれた。全8曲どれもがポップなナン
バー揃いで、今までにないアメリカン・ハード・ロック・サウンドの登場であったのだ。‘More Than A Feeling
(宇宙の彼方へ)や‘Long Time’などのキャッチーなナンバーから、‘Peace Of Mind’‘Rock&Roll Band
Smokin'’などのシャープなギター・サウンドがハードにドライヴするナンバーなど、どれもが素晴らしく
捨て曲など一切なし!後にアメリカン・ハード・ロックの主流ともなるこれらのサウンドの下地を作り上げる
のに、トム・シュルツは自宅のスタジオでそのサウンド処理に1年も費やしたとも言われている。同年には
ピーター・フランプトンの‘Frampton Comes Alive’(1000万枚セールス)などもヒットし、いよいよアメリカン・
ロック界のビッグ・セールス時代の到来となる。邦題は『幻想飛行』。
DON'T LOOK BACK

(1978)
前作を踏襲しながらも、更にスペイシーなサウンド作りのミックス・ダウンに1年もかかったというセカンド・ア
ルバム。ツイン・リード・ギターが前面に出た作品が多くなったという感じがしないでもないが、シングル・カッ
トもされた‘A Man I'll Never Be’などのメロディアスなナンバーでのギター・ソロがとりわけ印象的だ。
It's Easy’‘Feelin' Satified’‘Party’などのキャッチーでハード・ドライヴィングなナンバーも健在である。
翌79年には来日してその手腕を遺憾なく披露したが、その時にも演奏されたと思うのだが‘Help Me To
Forget’というナンバーが収録されなかったのが残念である。
しかし、トム・シュルツのゴールド・トップのレス・ポールには憧れたもので、私が2番目に買ったギターはそ
のモデルであった。この後に発表されたセカンド・ギタリストのバリー・グドロウのソロ・アルバムなどもCD化
を望むところである。(と思ったら、後にちゃんとCD化されていたのを発見して購入済みです)
尚、トム・シュルツはこの後、バリー・グドロウやレコード会社との法廷闘争などでボストンとしてサード・アル
バムを発表するまでに実に8年という長い歳月を費やすこととなるのであった。