ROCK'N' ROLL CHRISTMAS

今回ご紹介するのは珍しくクリスマス・コンピレーション・アルバムです。静かな音楽で聖なる
夜を迎えるのも良いですが、ワイワイガヤガヤした雰囲気で、例えば仲間とのパーティーなど
にはうってつけのBGMが、このアルバムです。偶然このアルバムを見つけたのですが、正に
私には宝物となりました。このアルバムでは聴けないであろう曲が多くあるからです。
以下、全10組のアーティストとその曲目を紹介しましょう。




 ROCK’N’ROLL CHRISTMAS (1994)

1.THANK GOD IT'S CHRISTMAS   〜QUEEN
6.FATHER CHRISTMAS          〜THE KINKS
2.CHRISTMAS IS THE TIME      〜BILLY
 TO SAY ‘I LOVE YOU’         SQUIER
7.LITTLE SAINT NICK          〜THE BEACH
                      BOYS
3.ROCK AND ROLL 〜GEORGE THOROGOOD
 CHRISTMAS         &THE DESTROYERS
8.RUN RUDOLPH RUN  
                   DAVE EDMUNDS
4.CHRISTMAS AT  
 GROUND ZERO    〜WEIRD AL YANKOVIC
9.CHRISTMAS BLUES    
                    CANNED HEAT
5.ALL I WANT FOR
 CHRISTMAS IS YOU        〜FOGHAT
10.SANTA CLAUS AN
  HIS OLD LADY         〜CHEECH&CHONG

Joel Whitburn という人によるクリスマス・ソングを集めたコンピレーション・アルバムで、かなりイケ
テル選曲だ。全部知ってた訳ではないが、たぶんどれもオリジナル・アルバムには収められていな
いはずだ。クイーンの曲は比較的有名で、ラジオで良く耳にした。クリスマス独特の厳かな雰囲気
漂う感じをフレディー・マーキュリーが高らかに謳い上げる。1977年に‘PIPER’というハード・ロッ
ク・バンドでデビューしたビリー・スクワイアーは楽しいパーテイーの雰囲気でロックン・ロール調に
歌っている。続くジョージ・サラグッドもチャック・ベーリー風に、アップ・テンポの大ロックン・ロール
大会で盛り上がります。アル・ヤンコビックで一休み。次はお待たせ致しました、我らがフォガット
この曲は彼らのThe Best Of〜Volume2にも収録されているフォガット風ブギーに乗った粋の良
いロックン・ロールで、‘ロンサム’デイヴがプレスリー風に歌っている(バック・コーラスもモロ)所が
何ともカッコ良いのである。次も最高のロックン・ロールを演奏しているキンクスの登場だ。これもベ
スト・アルバムにのみ収録されている。デイヴ・デイヴスのギターは相変わらずの歯切れ良いキンキ
ー節を発揮していて嬉しくなります。ビーチ・ボーイズが歌うと冬も夏になっちゃうところが凄いです。
次はこのアルバム最高の目玉、デイヴ・エドモンズの出番だ!歌うはこれしかないというチャック・
ベリーの‘ラン・ルドルフ・ラン’。ホントに骨の髄まで好きなんですね、この人は。この曲はたぶん私
の知ってる限り、他では聴いたことが無い。貴重なバージョンだ思う。この‘ラン・ルドルフ・ラン’は
かなり好きな曲でキース・リチャード(ソロ・シングル‘ハーダー・ゼイ・カム’のB面)やブライアン・ア
ダムス(‘A VERY SPECIAL CHRISTMAS’収録)などがカバーしているが、各アーチストとも
正規アルバムには収録されていないものばかりだ。やはり、クリスマス・ソングだからでしょうか?
最後に、昔、フォガットこの‘ラン・ルドルフ・ラン’ヴァージョン(多分、ライヴだったと思う)を偶然
ラジオで聴いたのだが、この曲について知っているFOGHATファンの方の情報をお待ちしてます。
是非とも、もう一度聴きたいのです。宜しくお願い致します。
キャンド・ヒートチーチ&チョンは省略させて頂きます。(失礼!)