FUNNY COMPANY (ファニー・カンパニー)


短命で終わった骨太なR&Rバンド、ファニー・カンパニー。桑名 正博率いた関西出身のこのバンドは
当時、「東のキャロル、西のファニカン」というように矢沢 永吉率いるキャロルと比べられていたらしい。
「らしい」と言うのは、実はその当時、私はこのファニー・カンパニーを耳にした事がなかったからだ。
初めて聴いたのは確か70年代も終わり頃だったと思う。突然ラジオから流れてきたナンバー「スウィー
ト・ホーム大阪」には本当、ビックリしたものだ。ゴリゴリのギター・サウンド、しかもバリバリの関西弁。
なんかとっても新鮮なサウンドに感じたし、ロックン・ロール本来の飾りっ気の無いぶっきら棒なエネル
ギーを持っているように感じた。演奏は荒削りだったが、桑名のVo.にはスピリットがあった。
この度、目出度く彼らが残した2枚のアルバム(CD)を入手したので、ここで紹介したい。


FUNNY COMPANY

(1973)
スウィート・ホーム大阪」に代表されるように、ちょっとブルージーでファンキーなロックン・ロールが
詰まった彼らのデビュー・アルバム。ともかくゴツゴツとしたフレーズ満載のドライヴするギターに乗
せた桑名のソウルフルなヴォーカルが全編圧巻だ。70年代初めにこんなカッコ良いロックン・ロール
・バンドがいたことが凄い。キャロルが都会的なR&Rだとしたらファニー・カンパニーはちょっと田舎っ
ぽいR&Rと表現したら言い過ぎか。ちょっとフェイセスを思わせるルーズなノリが最高な「僕もそのう
ち......」とか「午後一時ちょっとすぎ」がとてつもなく良い。桑名のVo.ももちろん良いのだがそれと共
にギターもR&Rフレイヴァー溢れるフレーズ満載で聴いていてハイな気分になれる。「彼女は待って
いる」はチャック・ベリー・スタイルのイカシタR&R。CDにはボーナス・トラックとしてライヴ・バージョン
も収録されているが、これがまた最高のノリを聴かせてくれていて「ジョニー・B・グッド」などのロッ
クン・ロール・メドレーへとなっている。ファニカンの全編ライヴ・アルバムが是非とも聴きたくなるラ
イヴだ。
FUNNY COMPANY II
FUNNY FARM

(1973)
同じ年に発表された2枚目にしてファニカンのラスト・アルバム。オープニングを飾るのは相変わらず
のピュアなロックン・ロール・ナンバー「用のないお前」、桑名のアグレッシヴにシャウトするVo.は健
在だ。続く「トリップ仲間」もハードに決めるブギー・ナンバーで、ファンキーなベース・ラインがグルー
ヴ感を煽る。「愛しているよ君の事」はバラード・タイプのナンバーだが、やはり桑名が歌うと単なる
甘いラヴ・ソングには終わらない。ハード・ソウルフルなとも表現したら良いのだろうか?それほど
胸にしみ込む歌声なのだ。その他、桑名以外のメンバーがリードVo.をとるナンバーもあったりする
のだが、カントリー調やフォーク調のそれらの曲はやはりどこかインパクトに欠ける。圧倒的に桑名
の存在感を知らしめるファニー・カンパニーのこれらの2枚のアルバムを見つけたら買って損はしな
いはずだ。



( 2003/1/25 UP)